2015.10.08更新

ご両親とお子様、ご夫婦、お付き合いされている方、お友達どうし、上司とご本人、福祉の方とご本人など様々なご関係の方と患者さまが、ご来院される場合も多いです。

 

患者さまは、お一人で今、悩んでおられることをお話される場合も有りますし、付き添われた方との同席を希望されて話される場合も有ります。

自身から進んで受診される患者さま、あるいは付き添われた方の勧めで受診される患者さまなど様々です。

 

患者さまからのお話を伺いながら、ご本人と付き添われた方に、ある時は資料やカルテに図示させて頂きながら、現在の症状や原因、診察室で明瞭な診断が可能な場合や複数の診断が疑われる場合など、なるべく分かりやすくご説明申し上げます。

何れにしろ、ご本人と付き添われた方に、診断に対するご理解とご納得を頂いて、お話(精神療法)やカウンセリング、必要であればお薬の治療も併用開始させて頂いております。

 

お薬も含めて、とても治療が効果的な場合には次回の受診時からは、ご本人さまお一人で受診されても、診察時に笑顔も見られ、安らぎと温もりに溢れる診療になれるように目指しております。私自身も、患者さまとの診療がとても楽しく会話が弾むようになって行くように常に心がけております。

 

どうぞ、お気軽に、ご家族やご友人などと、ご一緒に来院されて当院のリラックスした雰囲気の中で悩みやお話を伺わせて下さい。いつでもお待ち致しております。

投稿者: 川崎メンタルクリニック 院長 高橋憲太郎

2015.10.05更新

平成10年7月に開設して17年間を診療に全力を尽くして参りました。


様々な悩みを抱えておられる患者さまに少しでも安らぎと温もりと再び立ち上がる勇気を取り戻して頂くためにとの思いで日々、診療に全力を尽くすためにお待ち致しております。

抗うつ剤や睡眠剤の市販前臨床試験も日本でも有数な症例数の患者さまにご協力頂き、厚生労働省から適応認可された薬剤も増え、お薬の治療も併用して、現在ではうつ病・うつ状態・不眠症が完全治癒する方々も多くなってまいりました。

 

今後とも、お薬のみに頼らずに患者さま自身から、心と身体の安らぎと温もりと行動される勇気を取り戻されるように微力ながら支援させて頂きたく何卒、宜しくお願い申し上げます。

投稿者: 川崎メンタルクリニック 院長 高橋憲太郎

2015.10.05更新

社会人として夢を抱いて一生懸命に働かれておられるのに、職場環境や労働時間、対人関係から、心と身体の不調で悩まれていらっしゃる方は多いと思われます。

また学生の方は授業や対人関係から、心と身体の不調で悩まれていらっしゃる方は多いと思われます。

 

世界中の心療内科医や精神科医は様々な意見を持ち、お話を伺ったり、カウンセリングを導入したり、必要であれば、お薬を飲んで頂いたりと治療法は国により、心と身体の状態により、それぞれ異なります。

 

ただ世界中の心療内科医や精神科医のただ一つ、一致した意見は心や身体の辛いときには休職、退職、転職あるいは休学、退学などの人生で一番、重要な出来事を直ぐに決断しないで、少しでも精神状態、判断能力が改善されてから決断された方がこれからの人生をより良く迎えられるとの考えで統一されています。

 

悩まれている方は是非、お話だけでも伺わせて下さい。いつでも、お待ちしております。

投稿者: 川崎メンタルクリニック 院長 高橋憲太郎

アクセス

精神科・心療内科
川崎メンタルクリニック


【ADDRESS】
〒210-0023
神奈川県川崎市川崎区小川町2-3 アオキビル4階

【TEL】
044-246-0075

 

JR川崎駅東口 徒歩5分/京急川崎駅 徒歩7分
JR川崎駅東口、アゼリア地下街36番出口から出て、元さいか屋を過ぎて、CINE CITTA通りを渡り、4店舗目の回転寿司 大江戸の隣のビルの4階です。

アクセス詳細はこちら>>

診療時間
9:00 - 12:00 × 9:00 - 11:30 ×
13:30 - 15:30 × 13:00 - 14:30 ×
17:00 - 18:30 × × × × × ×

休診日:木曜・日曜・祝祭日

bn_tel.png
当院の院内処方への想い 若い女性の方への治療の注意点 うつ病・うつ状態 難治性のパニック障害 高齢者のうつ病 子育て不安と産後うつ症状 アルコール依存症 衝動性のある
パ-ソナリティ-障害 対人恐怖・対人緊張 統合失調症と急性一過性精神病性障害 自律神経機能不全症状を伴う各種神経症 慢性疼痛(持続性身体表現性疼痛障害) 心気症(心気障害) 高齢者の全身のしびれ・ふらつき等 デイケア カウンセリング 精神保健・福祉相談