川崎メンタルクリニックのお薬は院内処方です。

ご希望を伺い医師が直接お薬をお見せし、お薬の効果・副作用を説明いたします。

 

川崎メンタルクリニックでは患者様の性別および年令もちろん症状やお困りのご相談に合わせて、その初回診察で確定診断出来る場合には診断名を告知致します。望まれるならば診断書に診断名とその後の治療経過予定記載も致します。医師が診察室で患者様やご家族にお薬を一つずつ、手に取りお見せし、その効果・効果の実感出来る時間・作用時間と共に、一番ご心配される副作用・依存性・お薬を止める場合の症状など丁寧にご説明致しますし、何でもお尋ねください。

また当院の医師は厚生労働省や製薬会社が日本で正式に適用承認されている、お薬の処方適用はもちろん法令順守しております。

但し、最新の高価な適用薬剤以外よりも衝動性(暴力性・病的賭博・自傷行為・買い物依存・不幸な異性との性的関係の繰り返し・過食~嘔吐)や勤務中・日常生活での眠気・居眠り、あるいは対人緊張・パニック・動悸・息苦しさ・手の震え・吐き気・発汗などの自律神経症状などを以前から処方されているお薬でも、より安価で安定性を証明されています。

川崎メンタルクリニックはいつでも、お話とこれらの安心出来るお薬により心や身体に優しく症状が明らかに和らぎ医療費も軽減出来る治療を継続され通院されて、お話とお薬で患者様の今の悩みから早く卒業されて頂きたい思いでお待ちしております。

他の心療内科や精神科の病院やクリニックで院外処方されて調剤薬局で薬剤師さんから待合室でお薬の説明を受けられると、まず副作用について説明されると思いますけれど、劇薬とか麻薬とかの分類の説明に驚き、周りの身体医学(内科・外科・耳鼻科・眼科・婦人科など)の他の患者様に聞かれたくない説明までされて、恥ずかしい思いや怖い思いや不信感を抱かれていなければとの思いで心配しております。

また、川崎メンタルクリニックはインタ―ネット喫茶や漫画喫茶ならびにカラオケ店などが入居している10階の雑居ビルの4階に在りますので、周りの人々から心療内科・精神科を受診するのを気づかれずに受診出来ますので安心して受診されることが出来ます。

川崎メンタルクリニックでは院内処方で患者様やご家族にもご納得頂けますように厚生労働省が何故、劇薬・麻薬指定しているのかは単に書面上の法令上での指定であり、危険なお薬なら絶対に処方致しませんし、診察室で他の患者様には聞かれずに、より安全なお薬を処方していることお薬一つずつについて手に取りお見せして説明致しております。

どうぞ、ご心配や不安・疑問をいつでも診察室で仰ってくださいね。

もちろん、他の医療機関を受診されている患者様も症状が改善されなかったり、お薬が何か合わないようでしたら、いつでもお電話下さい。お待ちしております。

アクセス

精神科・心療内科
川崎メンタルクリニック


【ADDRESS】
〒210-0023
神奈川県川崎市川崎区小川町2-3 アオキビル4階

【TEL】
044-246-0075

 

JR川崎駅東口 徒歩5分/京急川崎駅 徒歩7分
JR川崎駅東口、アゼリア地下街36番出口から出て、元さいか屋を過ぎて、CINE CITTA通りを渡り、4店舗目の回転寿司 大江戸の隣のビルの4階です。

アクセス詳細はこちら>>

診療時間
9:00 - 12:00 × 9:00 - 11:30 ×
13:30 - 15:30 × 13:00 - 14:30 ×
17:00 - 18:30 × × × × × ×

休診日:木曜・日曜・祝祭日

bn_tel.png
当院の院内処方への想い 若い女性の方への治療の注意点 うつ病・うつ状態 難治性のパニック障害 高齢者のうつ病 子育て不安と産後うつ症状 アルコール依存症 衝動性のある
パ-ソナリティ-障害 対人恐怖・対人緊張 統合失調症と急性一過性精神病性障害 自律神経機能不全症状を伴う各種神経症 慢性疼痛(持続性身体表現性疼痛障害) 心気症(心気障害) 高齢者の全身のしびれ・ふらつき等 デイケア カウンセリング 精神保健・福祉相談