若い女性の方への治療の注意点 

症例

対人緊張・対人恐怖・パニック障害・社会不安障害・適応障害・衝動性(暴力性・病的賭博・自傷行為・買い物依存・不幸な異性との性的関係の繰り返し・過食~嘔吐)あるいは動悸・息苦しさ・手の震え・胃痛・吐き気・下痢・発汗・頭痛などの自律神経機能不全、勤務中・日常生活での眠気・居眠り、また自殺願望・希死念慮を伴い朝も起きられない極端なうつ状態

治療と経過

もちろん、今の症状や状態が無くなる効果を期待されて初めて、あるいは複数の心療内科・精神科を受診されていらっしゃると思います。
川崎メンタルクリニックでは患者様が自身からこの苦境を乗り越えられるように、お話をゆっくり伺い、自身から苦痛を伴うと思いますけれど、その症状が発症した状況や育った環境・対人関係をもう一度振り返り、その苦痛を記憶から消すことは出来ません。それでも少しずつでも良いですから、過去や生まれ育った環境や家族・友人・男性関係から今の症状・状態が加速度的に増悪して行っていることを見つめ直して頂きたいです。

何度も何度もお互いに信頼を深めてお話し合い、今ある状況から脱出されるように全力で支援してまいります。
一番大切なのは自身で乗り越えられたという内面から獲得された自信が芽生えていかれることだと思われます。

お薬の治療はSSRI(パキシル・パキシルCR・ジェイゾロフト・レクサプロ・デプロメール・ルボックス)やSNRI(トレドミン・サインバルタ・イフェクサーSR)他にリフレックス・レメロンなどが処方される傾向にあるようです。

川崎メンタルクリニックでは16~18才から25~26才くらいまでの若い女性は女性ホルモンが不安定な時期なので上記薬剤を処方されますとセロトニンやノルアドレナリンなどの副作用により、患者様には強い吐き気・動悸・焦燥感・強度の不安・混乱・全身倦怠感・自殺念慮などの危険性が報告されています。その為これらのお薬以外の安全で効果的で依存性の少ないお薬の組み合わせとお話で安心され信頼して頂ける治療を提供させて頂いております。

いつでも、お電話お待ちしております。宜しくお願い致します。

アクセス

精神科・心療内科
川崎メンタルクリニック


【ADDRESS】
〒210-0023
神奈川県川崎市川崎区小川町2-3 アオキビル4階

【TEL】
044-246-0075

 

JR川崎駅東口 徒歩5分/京急川崎駅 徒歩7分
JR川崎駅東口、アゼリア地下街36番出口から出て、元さいか屋を過ぎて、CINE CITTA通りを渡り、4店舗目の回転寿司 大江戸の隣のビルの4階です。

アクセス詳細はこちら>>

診療時間
9:00 - 12:00 × 9:00 - 11:30 ×
13:30 - 15:30 × 13:00 - 14:30 ×
17:00 - 18:30 × × × × × ×

休診日:木曜・日曜・祝祭日

bn_tel.png
当院の院内処方への想い 若い女性の方への治療の注意点 うつ病・うつ状態 難治性のパニック障害 高齢者のうつ病 子育て不安と産後うつ症状 アルコール依存症 衝動性のある
パ-ソナリティ-障害 対人恐怖・対人緊張 統合失調症と急性一過性精神病性障害 自律神経機能不全症状を伴う各種神経症 慢性疼痛(持続性身体表現性疼痛障害) 心気症(心気障害) 高齢者の全身のしびれ・ふらつき等 デイケア カウンセリング 精神保健・福祉相談