衝動性、パ-ソナリティ-障害(情緒の不安定さ)

一人での解決は難しいので、

学校の先生、保健師、

カウンセラ-、医師に

ご相談ください。

推測される発症因子

生育歴:両親の離婚、家庭内暴力、家庭の経済的困窮、両親の自由奔放な育て方(何をしても許される)、学校での苛め・不当評価、異性関係 など。

推測される患者さまの心の状態

その経過で成長し、自分が生まれて自然に芽生える、両親や友人・様々な人達から心から愛されているという想いがあります。これらの感情が満たされないため、自分が悪いからなんだ、これからもずっと誰からも愛されないなら 生き続ける意味が無いと→見捨てられ感情に支配されてしまいます(自分自身では気付いていない場合も多いです)

日常の気分や症状

情緒不安定さは特別な友人や特別な異性には現しても、他の人達にはなるべく会わないか感情を現さないようにしています。何故なら、上記に記載したように、自分を責めて自分を過小評価しているために、慢性的な落ち込み気分と意欲の低下に苦しみ他の人達と接したく無いので自閉傾向に陥り、自分を責める感情に支配されていると思われるからです。

社会生活と衝動性・衝動行為

 学校やアルバイト、社会に出ると多くの人達と接するので、心の内に秘めた劣等感や今までの人間不信からの対人恐怖が明瞭に現れるので、自分自身でコントロ-ル出来ないストレスが溜まり、一気に噴出し発散する行為に到ると推測されます。

 

例えば、不登校、欠勤、自傷他害行為(過食・嘔吐、リスト・カット、自分を殴打、壁に頭をぶつける、同居する異性と殴り合う、買い物依存、アルコ-ル・薬物大量服用、繰り返す不幸な異性関係、ギャンブル依存、覚醒剤中毒)など・・・その結果パニック発作を発症したり、希死念慮から自殺に到る場合も報告されています。

経過と予後と治療

以前の米国の報告ではパ-ソナリティ障害の境界型(様々な分類がありますので、上記に述べた以外では反社会性パ-ソナリティ-障害と共に犯罪や措置入院に関わる疾患です)は女性4:男性1の比率とされていました。しかしこの報告は、精神科・心療内科に受診された比率で、男性は受診されないで犯罪に関わっている可能性も推定されます。

 

経過および予後は現在まで統計学的に証明された報告はありませんが、40代ころから社会との接触の中で衝動性が和らいでいく傾向にあるようです。 しかし危惧されるのはアルコ-ル依存症の親に育てられた子供たちは統計学的有意差をもってアルコ-ル依存に陥りやすいとの報告があることです。今後の患者さまの子供たちを孤立させない教育・福祉・医療からの積極的な社会的支援体制が必要とされると思われます。

 

治療については薬物療法では現在、日本においてはパ-ソナリティ-障害に保険適用となる薬剤はありません。衝動性を抑えるために各精神科・心療内科の医療機関でも慎重に治療を行ない、川崎メンタル・クリニックにおいても極力、精神療法と併用し、慢性的な抑うつ気分と衝動性を抑えるように努めています。薬物療法に偏り過ぎると、一気に溜め込んだ薬物大量服用に到りかねないからです

アクセス

精神科・心療内科
川崎メンタルクリニック


【ADDRESS】
〒210-0023
神奈川県川崎市川崎区小川町2-3 アオキビル4階

【TEL】
044-246-0075

 

JR川崎駅東口 徒歩5分/京急川崎駅 徒歩7分
JR川崎駅東口、アゼリア地下街36番出口から出て、元さいか屋を過ぎて、CINE CITTA通りを渡り、4店舗目の回転寿司 大江戸の隣のビルの4階です。

アクセス詳細はこちら>>

診療時間
9:00 - 12:00 × 9:00 - 11:30 ×
13:30 - 15:30 × 13:00 - 14:30 ×
17:00 - 18:30 × × × × × ×

休診日:木曜・日曜・祝祭日

bn_tel.png
当院の院内処方への想い 若い女性の方への治療の注意点 うつ病・うつ状態 難治性のパニック障害 高齢者のうつ病 子育て不安と産後うつ症状 アルコール依存症 衝動性のある
パ-ソナリティ-障害 対人恐怖・対人緊張 統合失調症と急性一過性精神病性障害 自律神経機能不全症状を伴う各種神経症 慢性疼痛(持続性身体表現性疼痛障害) 心気症(心気障害) 高齢者の全身のしびれ・ふらつき等 デイケア カウンセリング 精神保健・福祉相談