うつ病(鬱病)・うつ状態

原因:対人関係、仕事量の多さ、環境の変化、家族問題、経済的要因等の環境因子

患者さまに合った自分で出来る対処法をお話の中で見つけ、お薬の治療も行います。

1、規則正しい日常生活を取り戻す。(早寝・早起き)

2、行動する(外に出る、スポーツ、趣味)

 →家にいるとマイナス思考ばかりする。

3、行動して外にいる間にストレスを発散し、家に持ち帰らない。

4、飲酒はうつ状態を更に悪化させるので控えることが必要。

 

お薬を飲んでいる間は自動車、バイク等の運転は反射神経、注意力の低下により事故につながる危険性が高いので基本的には避けてください。

 

治療の経過

3ヵ月から6ヵ月で気力が大幅に回復するため、治療を途中で中断される場合がありますが1~2年以内に再発増悪し、うつ病、うつ状態が長期化する可能性が非常に高くなります。

また、抗うつ剤を急に止めると下記のような症状があらわれる場合があります。

 

~抗うつ剤を急に止めた時にみられる症状~

くらっとめまいがする

フワフワした感じがする

頭が痛くなる

胃がムカムカする

手足がヒリヒリする

イライラする

1年から1年半治療を続けると完全治癒する場合が多く、その後の再発も少なくなります

アクセス

精神科・心療内科
川崎メンタルクリニック


【ADDRESS】
〒210-0023
神奈川県川崎市川崎区小川町2-3 アオキビル4階

【TEL】
044-246-0075

 

JR川崎駅東口 徒歩5分/京急川崎駅 徒歩7分
JR川崎駅東口、アゼリア地下街36番出口から出て、元さいか屋を過ぎて、CINE CITTA通りを渡り、4店舗目の回転寿司 大江戸の隣のビルの4階です。

アクセス詳細はこちら>>

診療時間
9:00 - 12:00 × 9:00 - 11:30 ×
13:30 - 15:30 × 13:00 - 14:30 ×
17:00 - 18:30 × × × × × ×

休診日:木曜・日曜・祝祭日

bn_tel.png
当院の院内処方への想い 若い女性の方への治療の注意点 うつ病・うつ状態 難治性のパニック障害 高齢者のうつ病 子育て不安と産後うつ症状 アルコール依存症 衝動性のある
パ-ソナリティ-障害 対人恐怖・対人緊張 統合失調症と急性一過性精神病性障害 自律神経機能不全症状を伴う各種神経症 慢性疼痛(持続性身体表現性疼痛障害) 心気症(心気障害) 高齢者の全身のしびれ・ふらつき等 デイケア カウンセリング 精神保健・福祉相談